禁煙アドバイスで健康を取り戻した人たち

タバコをやめたいを考えている人はたくさんいますが、なかなかやめられないという人も少なくありません。
禁煙できないのは意志が弱いからだとよくいわれますが、実はタバコに含まれるニコチンの持つ強い依存性が原因なのです。

禁煙治療が最適

ニコチンの依存性は麻薬に匹敵し、そして禁断症状が出た時の強さは麻薬に勝るとも劣らないとさえいわれるほどです。
喫煙習慣者の7割以上はこのニコチン依存症という治療が必要な病気なのです。

したがって、禁煙のためには医療機関の「禁煙治療」を受けるのが最適とされます。
禁煙治療では医師からのアドバイスを受けるほか禁煙補助のための薬を処方してもらえるので、禁煙の成功率が高くなるのでおススメです。

禁煙治療は一定の条件さえ満たせば健康保険などが適用されるので、経済的な負担が軽減されます。
プログラムは12週間に5回の診察が基本です。
初回の診察ではまずカウンセリングを受けるのと同時に健康保険が適用されるかのチェックを行います。
その後、過去の喫煙・禁煙実績などを鑑みながら禁煙補助薬の処方を受けます。

それ以降の診察は、呼気中の一酸化炭素の値を計測するほか、問診や結果報告、禁煙補助薬の追加処方などを受けていきます。
治療を受けた約80パーセントの人が、治療期間中に少なくとも4週間の禁煙に成功したという実績があります。

薬は2種類

処方される禁煙補助のための薬には2種類あります。
ひとつはニコチンを皮膚から吸収させるニコチンパッチ、もうひとつはニコチンを含まない服用タイプの「チャンピックス」です。
ニコチンパッチは腕やお腹、腰などに絆創膏のように貼ってニコチンの吸収させることでニコチンの禁断症状を抑えながら禁煙に結びつけるというものです。

徐々にニコチンの量を少なくしていきますが、使用期間は原則8週間以内となっています。
このメリットはニコチン摂取の濃度が安定しやすいことと、皮膚に貼るだけなので使い方が簡単という点です。
かかる費用は約13,000円が目安です。

デメリットとすれば、かぶれや不眠などが副作用として挙げられます。

チャンピックスは飲み薬で、1日1~2回、禁煙をする1週間前から服用して12週間続けます。
ニコチンフリーなので離脱症状の軽減が期待できることと飲むだけなので簡単に使用できる点がメリットですが、軽度の吐き気や頭痛、便秘などの副作用が見られます。

費用もニコチンパッチより高く18,000円程度が目安となります。
ただ健康保険が適用されたならば、自己負担3割として初診料、ニコチン依存症管理料、院外処方料などに加えて禁煙補助薬を含めていずれの場合でも禁煙治療そのものにかかる費用はおおよそ10,000~20,000円程度と考えればいいでしょう。

健康保険は使えるの?

健康保険が適用できるかどうかによって負担金額は大きく変わるので、気になるという人も多いかと思います。

それと健康保険の使える条件とは以下の4点をすべて満たす必要があります。

①直ちに禁煙しようと考えている
②禁煙治療を受けることに文書で同意している
③1日の喫煙本数×喫煙年数が200以上である
④ニコチン依存性を診断するテストで5点以上である

これらを満たせば健康保険で受診することが可能となります。
なお、過去に健康保険を使って禁煙治療を受けたことがあったなら、その初回診察日から1年以上の経過が必要で、それ以内であれば自由診療となるのでご注意を。

禁煙を助けるアイテム

すべての病院で禁煙外来を行なってはいませんから、近くに受け付けてくれる病院がないという人もいるでしょう。
また忙しくて診察に行く時間がないという人も少なくありませんよね。

そんな場合には、禁煙補助剤や禁煙グッズを利用してチャレンジするのもいいかもしれませんね。
禁煙補助剤としてよく知られているのが「ニコレット」でしょう。

これはニコチンパッチと同じようにニコチン置換療法を用いたもので、効果的に禁煙ができます。
ニコレットは禁煙中にタバコが吸いたくなったときに噛むだけなので手軽で簡単です。

最近では電子タバコも禁煙に効果的とされて人気です。
電子タバコはタバコの葉は一切使わず、食品添加物と香料を混ぜた液体をバッテリーで加熱してその液体を水蒸気にして吸引するというものです。

その姿はまるでタバコを吸っているように気分になれるので、吸いたい気分を紛らわせるのに最適です。
離煙パイプはひと月かけてニコチン依存症を改善するというもので、31本のパイプがワンセットになっています。

1日目、2日目、3日目と決められたパイプでタバコを吸うのですが、1日に3パーセントずつニコチンをカットしていく仕組みで最終的に95パーセントのニコチンがカットされることとなります。

徐々に摂取するニコチンを減らすことで依存性が薄くなり、タバコを吸いたいという気持ちが起こらなくなるというわけです。
この他にも禁煙アイテムがあるので、自分に合ったものを選んで禁煙にチャレンジしてもらいたいと思います。